山あるき Feed

2018年4月 2日 (月)

山あるき。nomadake

週末は サクッと「野間岳」へ!

登る前に野間神社でお参りしてから入山します。。。

Dsc03118

ここを訪れたのは4年ぶり。。。

30分弱で頂上へ!低山ながら急坂で汗びっしょりです!

「九州百名山」なんですよ!

Dsc03124

ここからの眺めは最高だ!

野間池方面の半島がはっきり見えます!

Dsc03130

頂上から周回コースをすすみ「笠沙石」の石門をとおる。。。

Dsc03137

たしか4年前も同じようなポーズで写真に納まった気がする。。。

4年前のブログはこちら→

http://671108koshi.synapse-blog.jp/tagawa/2014/02/noma-ecec.html

周回コースにある展望所。。。

ここも見晴らしは最高!

Dsc03144

帰りはゆっくりと山の草を収穫しながらのんびり帰りました。。。

Img_2162

そして 新鮮なうちにいただきましたよ。。。

Dsc03160

春といえども 日差しは暑かった!

by 一丁田

2018年3月26日 (月)

山あるき。houmanzan

週末を利用して福岡でもっともメジャーな山「宝満山」へ。。

大宰府天満宮の少し北側に位置する「かまど神社」の参道をぬけて登山道へ進みます。。。

Dsc02924

最近建て替えられたのだろうか。。。

ガラスを多用した境内にある社務所が近代的でかっこよかった。。。

Dsc02928

ここの登山道はなんといっても石段が特徴的で、しっかりと整備されている。。。

Dsc02934

有名なスポットとあって、登山者の数も非常に多く、

すれ違う人に「こんにちは!」の連続で、やや閉口ぎみになるほど。。

Dsc02944

昔から石が豊富に採れる山だったんでしょう。。。

途中にもこのような石積の遺跡がみられる。。

100段がんぎと呼ばれる急階段をこらえると

袖すり岩をすりぬけて頂へ。。。。

Dsc02948

コースタイムどおり1時間40分で到着です!

頂上はすごく広くて,みなさんがいたるところで昼食を楽しんでます。。。

Dsc02953

一番高い岩の上からは市内を一望できる。。。

Img_2140

あ、 となりの坊ちゃんは無関係です!

よっぽど気に入ったんでしょう。。。しばらくそこから動かなかったので、一緒にパチリ!


 

Dsc02952

頂上は人がいっぱいで、木陰スペースを確保できなかったので、

先へ進み大きな岩で昼食をとり下山開始です。。。

頂上からくだること5分でキャンプ場へ到着!

ここにはバイオトイレや山小屋もあり、宿泊可能。。。人気があるはずだ!

Dsc02965

Dsc02964

下山途中でみた変わった樹木。。。倒れた木から何本もの新しい枝が伸びている。。。

倒木で、根元もでているのに、すさましい生命力だ!

Dsc02970

トータル3時間ほどのトレッキングでしたが、ふくらはぎの筋肉痛がハンパなかったです!

地味に石段の上り下りが効いてくるんですね。。。。

境内にたどりついてからは お団子とお茶で一服。。。。

Dsc02981

Dsc02984

大宰府の二日市温泉へ足をのばし、ゆっくり疲れを癒します。。。

Img_2101

今宵の宿となる 福岡市内の長男坊宅へ向かいます。。。

現在デザインしている屋台村のお勉強もかねて中州の屋台へGO!

Img_2106_3

まつこと30分ほどで、ようやくの一杯!格別でした!

Img_2110

葉祥栄デザインによる

アクロバットで透明感のある地下鉄出入口は、やはり夜景としてみるのが一番!

Img_2120

かっこいい!

by 一丁田

2018年2月11日 (日)

すこしだけ山あるき。

チェーン規制もなくなって

サクッとトレッキングするつもりででかけた。。。が。。。

霧島登山口はだいぶ冷え込んでました。。

Dsc02726_2

やや 雪がちらつくなかスタート!

Dsc02738

きれいに整備された大浪池登山道。。。。

標高をあげるにつれてだんだんと路面がやばい状態に。。

Dsc02729

分厚い氷! 

整備された道は石がきれいに敷き詰められているのですが、

それがアダとなって アイスバーン状態になってしまっている。。。。

しかも、今日はトレイルランニングのような軽装だし、ジョギング用のシューズ。。。

アイゼンも持ってきてるわけでなく、このまま上がると帰りは危険だな、

との判断で あっさり下山しました!

Dsc02749

帰りは 丸尾バス停前の温泉市場で休憩。。。。

Dsc02747

自然をあまくみてはいけませんね!

ちゃんとした装備で来るべきだったな。。。と後悔しながらも おいしくいただきました。。

by 一丁田

2017年11月 1日 (水)

山のおまけ。

下山後の楽しみは

大分名物の「とり天」

Dsc02187

「九酔渓」にある「桂茶屋」の「とり天」が大好きです!

こんなお茶目な店員さんのいる観光スポットです!

Dsc02184

実はこれを食べに走ってきた といっても過言ではないほどうまい!

Dsc021781

高速道路周遊パスをつかってお得にドライブしてきた一丁田でした。

Dsc02114

2017年10月30日 (月)

山あるき。kujyu

山でテント泊するため 久住へ・・・

Dsc02115

しばらくは森林浴を楽しみながら標高をあげていきます。。

Dsc02120

標高が増すにつれ、徐々に紅葉がみられ、落ち葉のジュウタンをあるく!

Dsc02167

紅葉をたのしみながら

2時間半ほどで法華院山荘へ到着!

ささっとテント設営をすませ、腹ごしらえをすませる。。。

Dsc02137

重たいザックはここにおいて 必要なものだけをサブザックに詰め込み

「大船山」にのぼる。。

Dsc02173

急坂をのぼりつづけること2時間半ほどでテッペンです。

Dsc021451

早めの下山が基本の山登りでは

いつもなら こんな夕方に山頂にいることなどないのだが、今日はテント泊するため余裕。。。

夕陽がまん丸い環になり

そこに自分のシルエットが映り込むという「ブロッケン現象」がみれた!

話には聞いていたが、こんな現象に出会えるのは珍しいことなのです!

Dsc021491

ガスっていて眺望がなかったのですが、

しばらくするとガスがきれて

久住山や中岳が神々しく姿をみせてくれた!

Img_1332_1

雨を覚悟していただけに、今回の山は 想定外の景色をみせてくれました!

テントについてからは、ここでしか味わうことのできない山の上の温泉で疲れをいやします。。

Dsc02138

ここで飲むビールは最高です!

by 一丁田

2017年7月25日 (火)

山あるき。takachiho

先週みた稜線が恋しくなり「高千穂峰」へ。。

Dsc01556

暑くなる前に下山したくて家を早くにでた。。。

おかげで

朝日の光線が 神々しい。。。

Dsc01559

序盤の石畳から急坂に移り変わり

一時間半ちかくかけて ひたすら登ってくルートであるが

なんといっても ここは景色がいい。。

Dsc01561

遠くからみえる この山のきれいな山容は

この急こう配の岩肌から形成されているのだ。。。

すずしい時間帯のトレッキングのつもりが 汗だくで、すでに500mlの水分を補給

最近の山のお供のなかでも お気に入りはビーフジャーキー。。。

しかも 結構堅めのジャーキーがいいのだ!

ちびちび噛みながら塩分補給です。。

Dsc01564

一時間ほど登り続けて馬の背をすぎてからは また20分ほどの急坂。。。

この山の特徴は

火山礫による ジャリジャリとした登山道にある。。。

これで かなりの体力をうばわれるのだ。。。

Dsc01567

なんともいえない急こう配

しかもじゃりじゃりの礫。。

体重のかけかたで すすめた歩みがずれていく。。。

Dsc01569

頂上にある 天の逆鉾

この時間帯は まだ 人もすくないが、

いつも人でいっぱいの 人気の山だ!

Dsc01573

Dsc01576

頂上にある避難小屋はけっこうな広さです。。。

Dsc01575

ここから1時間ほどかけて下ります。。。

ずるずる滑るため かなり気をつかう下山となる。。。

Dsc01581

いい汗かいてリフレッシュした一丁田でした。。

Dsc01560

2017年5月 7日 (日)

山あるき。tsurumidake

由布岳から車で移動し、別府ロープウェイパーキングに駐車

「鶴見岳」頂上をめざします。。。

Imgp9697

午前中の由布岳と比べ、こちらは展望もない地味な急坂をひたすら進む。。。

Imgp9699

序盤に現れる神社の横からはさらに急坂の連続でして、

一日に二山をクリアするという ややハードな計画のせいか

ペースがあがらない。。。。

Imgp9700

しかも

途中からガスってきて視界も悪く

ここからの写真はありません。。。。

Imgp9701

2時間ほどの間、ほとんど急坂登りでピークへ到着!

Imgp9702

あいにくの展望ですが、ここはロープウェイでくる一般客とも合流するため、

観光客とも ちらほら出会う。。。

山頂は七福神や札所めぐりをすることができるらしく、

一時間くらいは遊べるらしいのですが、これ以上歩く気分にもなれず、

下山します。。

Imgp9705

Imgp9706

山頂からはロープウェイにて、ササっと下山。。。

Imgp9707

Imgp9709

Imgp9715

標高を下げると別府湾がみえます。。。

Imgp9713

この連休は久住の坊ガツルでテント泊を予定していましたが、

急きょ湯布院へのコース変更をしたため、初日は車中泊からの山登り。。。

この日の宿は 温泉もあり食事もできる「きのこの里オートキャンプ場」

でのテン泊。。。

シシ肉で腹を満たして締めくくりです。。

Imgp9718

by 一丁田

2017年5月 6日 (土)

山あるき。yuhudake

連休を利用して九州百名山である湯布院「由布岳」と「鶴見岳」に

登ってきた一丁田です。。。

ついでに大分の建築巡礼までやっちゃおうという2泊3日の計画して出発です!

スタートは観光地らしいおだやかな丘をすすむ。。。

Imgp9695

登山口には

レンタルヘルと杖がある。。。

かなり危険な匂いがする。。。。

Imgp9660

序盤は きもちのいい樹林帯をすすみ、高度を上げていきます。。。

Imgp9667

Imgp9670

各ポイントにある道標が親切です。。。かわいいサインもついている。。。

Imgp9669

ふもとから見ると山頂は雲にかくれていて、多少の雨を覚悟していましたが、

標高をあげていくと、雲の上へ到達。。。

雲海ハザマです。。。

雲の上には はるか彼方に「くじゅう連山」

雲の下には 湯布院の街です。。。

Imgp9673

汗びっしょりになりながら

2時間ほどでマタエに到着。。。

Imgp9676

この山は、山頂が西峰と東峰の二つにわかれており、

まずは、わりと簡単な東峰へ登る。。。。

Imgp9681_2

ここからの見晴らしは最高!

雲海がすばらしいです。。。

Imgp9677

つぎにすすむ西峰もはっきり見えてます。。

向こうはクサリ場が連続していて、なかなかの岩です。。。

よじ登る人がちっちゃく見えます。。。

Imgp9680

Imgp9678

なるほど、

登山口にあったヘルメットはこの為だったんですね!

慎重に足元を確認しながら登っていきます。。。

Imgp9686

20分ほどで、西峰山頂です!

Imgp9687

人気の山で、つぎつぎに登山者がのぼってくるため、

クサリ場で順待ちの渋滞に合わないように、ささっと下山開始です。。。

Imgp9692

先ほどの東峰が

雲海をバックにかっこいい!

Imgp9690

トータル4時間半。。。。

下山中は次々にあう登山者と挨拶の連続でした。。。

駐車場も満杯状態

登りがいのある いい山でした!

次は、お隣の「鶴見岳」へ移動します。。。

2017年4月30日 (日)

山あるき。isomadake

身近でスリルを味わえる山

「磯間嶽」へ。。。

ここは

九州でも結構ハードとされてる岩稜コース。。

4,5時間かけて ごつごつした稜線を一周します!

Dsc01039

汗ばむ陽気でしたが、風が強いのでちょうどよかったかな。。

Dsc01041

のどかな田んぼをバックに

けわしい岩場からはじまります。。。

Dsc01051

ハードな岩山が 延岡あたりの山に似てますね。。

Dsc01046

Dsc01044

Dsc01047

また来たよ「パイナップル岩」

Dsc01060

Dsc01049_2

Dsc01054

いくつものセクションを超えながら

すこしずつピークが近づいてきます。。。

あの先にみえるのが最後の難所です!

Dsc01057

そしていよいよ・・・

ピークに到達するためには

この30m近いクサリ場をよじ登る。。。

Img_0504571

今日ですでに4回目の山でして、

写真の取れ高は少ないです。。(ご勘弁)

しかし、

いつきても 手ごたえを感じさせてくれる山です。。。

Dsc01043

トレーニングにはもってこいの山あるきでした。。。


by一丁田

2017年4月24日 (月)

山あるき。Karakunidake

久しぶりの霧島を楽しんできた一丁田です!

ヒザの状態を確認するために通いなれた山を選択。。。

硫黄山は相変わらず ガスがゴーゴーと吹き出し中です。

Dsc00977

めざすは「韓国岳」です!

Dsc01006

駐車場では気温8℃

上着を着込んでスタートしましたが、

すぐに体は温まり、半袖で進みます。。

Dsc00980

標高を増していくと、視界がひろがり

「やっぱ 山は最高だな!」と実感します。。。

Dsc00990

一歩一歩アシをすすめると 必ずGOALできるなんて、

あたりまえのようでありながらも、やはり すばらしい!

Dsc00986

さすがに

ミヤマキリシマはまだでして、

おそらく ゴールデンウィークあたりが開花でしょうね。。。

Dsc00988

遠くに高千穂峰や新燃岳が望めます。。。

新燃岳が噴火する前は、あそこまで縦走できたのだから、

今よりももっと楽しめたはず。。。。

Dsc00991

朝一だったこともあり、頂上はまだすいてました。。。

下りでは、登ってくる登山者とたくさんすれ違ったので、

このあと ここも賑わったことでしょう。。。

Dsc00994

標高1700m

気が付くと、息が白いことにきづく。。。

そうそうに下山し、加治木のアゴ肉を買い込んで、ゆっくり自宅の炭火で

まったりとした時間をすごしました。。。

Img_04531

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

アクセス解析

  • アクセス解析
    レバレッジで巨額の損失