建築あるき Feed

2018年2月14日 (水)

国立新美術館に行ってきました。

連休中に東京へ行ってきましたrun

予定に入れていた建物

全てを見ることはできませんでしたが

表参道や六本木などで

東京にある建物をたくさん見ることができましたconfident

特に行ってみて良かったと感じたのが、

黒川紀章さん設計の「国立新美術館」

20180211_180214_0113

20180211_180214_0111

20180211_180214_0102

お店やカフェ、レストランが併設されており、

たくさんの人で賑わっていました。

外観も内観も写真でたくさん見ていましたが

やっぱり実際に体感してみると全然違いました。

ずっと建物を見てからは「すごい!!」としか言えなかったですが

本当に素直にすごかった。。。

これもみたい!!あの建物もみたい!!

今回の旅行で行きたいところが一気に増えました。。

永野

2017年12月 4日 (月)

レトロ。

先月 打ち合わせ先で立ち寄った枕崎の街。。。

昭和を感じさせるファサードが目に留まった。。。

Dsc02205

街をあるけば 魅力的な建物ばかりですね。。

by一丁田

2017年11月30日 (木)

カモシカ書店。

古ビルを活用して人の流れを誘い込むリノベーション

最近 この街づくりが注目されてますね。

先日の休日に行われた 鹿児島リノベーションスクールの公開プレゼンに参加して

(スタッフ永野も聞きに来てました)

鹿児島も市政をあげて取り組み始めたんだな。。。と改めて実感!

われわれも建築屋として フツフツといろんなアイデアが。。。。

さて、先日 大分遠征の際に 以前から気になっていたリノベ事例へいってみた

アーケードに隣接する古ビルをリノベした「カモシカ書店」

Dsc022251

古書、古本、新本など いろんなジャンルの本が カテゴリーも無造作においてる

そして、お客さんは あらゆるタイプのソファに座り、コーヒーや軽食を楽しみながら

ゆったり まったりと過ごしている。。。

Dsc022131

ここでは、お客が おしゃべりしたり、カフェ楽しんだり、本を読みふけっていたりと

おだやかな時間が流れている。。。。

この時代、もはや見栄えのいい新しい店舗だけが求められているわけではなく、

人を居心地よくさせられる 雰囲気づくりこそが求められているのだ。。。

あらためて実感した一丁田でした。

2017年11月23日 (木)

Yukiti。

大分のおまけ。。

先々週末 宿をとった中津市は

福澤諭吉が幼少期を過ごした街でして

せっかくなので旧居をたずねてみた。。。

Dsc02263_2

隣接する記念館にて諭吉さんのおいたちを勉強することもできます。。

Dsc02244

手前にみえる天井から吊るされた板は 諭吉少年が設置した戸棚らしい。。。

ふつうなら壁のすみっこに棚とか設えるのだが、

賢い諭吉少年は、いちばん風通しがよく、食材が腐れにくいように 

こんな中途半端ともおもえるような場所をえらんで設置したという。。

Dsc02254_2

そしてこの離れは、諭吉くんがお勉強をしていたという小屋

開口部のディテールが なんともかわいい!

Dsc02252

同じ空気を吸って ちょっとだけ賢くなれたらいいな。。

by 一丁田

2017年11月17日 (金)

風の丘。

大分市内から高速で1時間ちょい。。

大分県中津市にある「風の丘葬斎場」

設計は世界的にも活躍する建築家 槇文彦氏

Dsc02304

相模山首遺跡に隣接する「風の丘」という公園のなかに

周囲の環境にとけこむようなたたずまい。。。

Dsc02269

丘に沿うようにコールテン鋼でできた大きな障壁の裏には待合室があり

周囲の丘やこの壁によって

外部または内部からの視線をみごとにコントロールしている。。。

Dsc02268

Dsc02295

エントランスは低めのコンクリートスラブで屋根がかかる。。。

有名な建築ではあるが、ここは葬祭場であり、火葬場でもある。。。

すこし見学をためらったが

Dsc02279

受付で見学というと

「建築関係の方ですね。今日は自由に見学できます」

と、パンフレットをわたしてくれて

自由に見学可能。。。全国から見学者が絶えないのだ。

もちろんNGの日もあります。。。

運がよかった!

Dsc02278

床からフワッと浮いた階段の様子。。。

Dsc02277

外部の芝生が陽に照らされて 暗い室内から眺めるとホントに落ち着く。。。

待合の人たちの心をいやしてくれるような雰囲気がただよっている。。。

Dsc02274

杉板のコンクリート打放し壁にスロープと階段の組み合わせ。。。

この建物がやさしい雰囲気なのは、この杉板模様のコンクリートのおかげかな。。

「安藤建築のきれいなコンクリート打放しなら、やや寒々しい雰囲気になったかも。。」

なんて感じながらすすむ。。。

Dsc02273

お別れの場にむかうスペースには この中庭。。。

お祈りの場には いったん外へ放たれたこの外廊下をわたって進む。。。

Dsc02291

お祈りの空間に入った途端に

「やられた!」

Dsc022901

地窓からの光が外の水盤に乱反射して壁と天井に ゆらゆらと。。。

Dsc02286

祈りの場にこの仕掛け。。。。これも計算されたものなのだろう。。。。

もう 圧倒されっぱなしです。。。

Dsc02293

人の死について考え 感じる施設であるが、外部空間とのつながりかたや

公園全体のランドスケープと相まって、すばらしい空間となっている。。。

お別れのときに直面する人々の心をやさしく包み込んでくれる そんな空気が漂ってます。。

by一丁田

2017年11月15日 (水)

記憶の継承。

先週末のおはなし。。。

東京駅など

一連の建築で有名な辰野金吾設計による

赤レンガ館にて

建築家 堀部安嗣さんの講演会があるとのことで 

大分まで遠征してきた一丁田です!

Dsc02312

「建築というリレー」と題して2時間半ほど

ご自身の体感してきた記憶や

これまでに刺激をうけた建築の話などなど

堀部氏の人柄が伝わる内容の貴重なお話を聞くことができました。。。

Dsc02310

直接の質問にもお答えいただき 

しかも あつかましくも持参していった本に サイン もいただいて。。。

以前、中村好文氏も言われてましたが、

「建築の基本は住宅であり、住宅には世界が詰まっている!」

とおなじように、

「奥が深くGOALのみえない世界である」

というようなお話は、とても共感をおぼえました。。。

Dsc02315

とにかく 実際の目で見て体感することが

建築に携わるものとして大切なことなんだ!

と改めて感じ取れた

刺激となる一日となりました。。。

Dsc02224

2017年10月26日 (木)

おない年のたてもの。

名山町の一角に位置する 「鹿児島県産業会館」

ずーぅっ と前から気になっていた建物の一つでして、

1967年に建てられ、現在は商工会関係の事務所や物産店がはいっている。。

外観はコンクリートむき出しの片持ち梁が

多角形の打ち放しコンクリートの柱に支えられていてダイナミックでモダンな印象。。。

物産店のある一階は もともとは柱だけのピロティ空間だったのではないか・・・

と想像します。。

Sangyokaikan01

内部1階ホールから3階までの吹き抜け階段は印象的で

これもまたコンクリートの片持ち構造となっており、

五角形断面の先端は薄くて造形的でかっこいい!

左官補修のあとなどなく 一発で仕上がった精度の高い技術がみてとれます。。。

Dsc02093

3階会議室まえのホールは天井が低くなっており、

屋外のスペースはこれもまた

コンクリートでできた花壇が手すり風に設えられていて、無機質なコンクリートの外観に

やさしい緑のアクセントとなっている。。

Dsc02099

3階は当日照明がついてなかったのですが、

この薄暗いホールからガラス越しにみえるテラスの雰囲気がとてもかっこよかった!

Dsc02100

この時代の職人さん、、いい仕事してますね!

Dsc02103

この建物がもっと有名になってもおかしくないのではないか!

ますますそう感じる「けんちくあるき」となりました。。。

by 一丁田

2017年10月24日 (火)

めいざんのまち。

先日のリノベーションシンポジウムで登壇された「レトロフト」オーナーさん

の話が気になり、

実物を見るついでにランチしようと名山町まででかけた。。。

・・・・・が、当日はあいにく休館。。。。

Dsc020901

なので、周囲の名山堀を散策。。。

Dsc020851

繁華街の片隅にある

このあたりだけは 昔の名残が生きていて なんともいえない趣きを感じる。。。

Dsc020871

1階の店舗と2階の住まいの関係性や、

2階建てにもかかわらず、1.5階くらいの階高といい。。

Dsc020921

このマチが

いつまでも 残っててほしいな、、

そう感じた 一丁田です。

2017年9月28日 (木)

Grid 2。

こんにちは。酒匂です。

私もグリッドの面白いヤツを紹介したいと思います。

↓福岡市天神(警固公園横) ソラリアプラザ

Dsc_9445

建物の一部がガラス張りで、

さまざまなお店の顔とストーリーが見えてくる、

まるで絵本を見ているような感覚。

人の動きとお店のインテリアがデザインの付加価値となり、

ファサードがより魅力的となっている。

また、周辺環境に対して賑わいを演出し、

商業建築としての役割が明確でとても良い空間だ。

Sakou

2017年8月29日 (火)

武家屋敷

こんにちは、最近iPhone7の画面が割れた東ですweep

先日、知覧の武家屋敷を見に行ってきました

Dscn0474_2_2

Dscn0475

高校時代にも一度訪れたことがあったのですが、

時間が足りず隅々まで見ることができませんでした。。。

また訪れたいと思っていたのでとてもよかったですhappy02

散歩しながら建築物を見るのが好きなので

これからも多くの建築物を見に行きたいですsmile

by 東

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

アクセス解析

  • アクセス解析
    レバレッジで巨額の損失