戦史資料収蔵庫新築 Feed

2010年1月 9日 (土)

無垢材の仕上げ。

Dscf3014

収蔵室の内装工事がすすんでいます。

収納家具の搬入据付の日程もきまり、

仕上げも終盤を迎えようとしています・・・

2009年12月28日 (月)

仕上げの経過。

Dscf2974

内装工事がすすみます・・・

収蔵スペースは全て無垢の木で仕上げられます。

Dscf2973

貴重な保管物を傷めないように、外部からの

有害な物質を遮断する特殊なボードを張り、

その上に杉板を張っていきます。

2009年12月16日 (水)

寒い中・・・。

Dscf2924

屋根工事も細かいところを残し、ほぼ完了です。

内部では、仕上げにむけて内装工事が設備工事

と平行しておこなわれています。

Dscf2921

2009年12月 9日 (水)

外断熱。

Dscf2754_2 Dscf2756

コンクリートの養生期間を経て、屋根工事がはじまりました。

貴重な資料を収蔵するため、室内環境を一定に保つように、

屋根、壁とも外断熱が徹底しておこなわれます。

木造と違い、コンクリートは内部結露をおこしやすく、建物と

しては、外断熱が一番理想だといわれます・・・

外壁面はコンクリートのようにみえますが、じつは断熱パネル

が型枠の変わりになって仕上がっています。

Dscf2782

2009年11月11日 (水)

コンクリート。

Dscf2605 Dscf2606

このきわどい天候のなか、コンクリート打設が無事に行なわれました。

鉄筋コンクリート造での上棟ということです・・・

コンクリートで、しかも勾配屋根の場合、雨に打たれると悲惨な運命に

なる可能性があります・・・

担当者のナイス判断! あっぱれです。

2009年10月17日 (土)

コンクリートその3。

Dscf2450 Dscf2448

中間の梁まで、1回目の躯体コンクリートが打設されました。

このあと更に上の型枠を組上げ、屋根までいっぺんに作り上げていきます・・

来月初旬には 上棟予定です。

2009年10月 9日 (金)

建て込み中。

Dscf2395 Dscf2394

壁が高いため、コンクリートを2回に分けて打設します。

今回はその中間となる梁の高さまで型枠を建てこみます。

台風の影響もなく、順調にすすんでます・・・

2009年10月 2日 (金)

雨の中。

Dscf2332 Dscf2258

型枠を兼ねた外断熱パネルが建てこまれていきます。

雨の中、精度を要する慎重な作業がつづきます・・・

ご安全に!

2009年9月25日 (金)

1階施工中。

Dscf2251 Dscf2252

鉄筋の組み立てがすすみます。外構工事もだんだんとカタチがみえて

きます・・・内部と平行して外回りも ある程度まで仕上がる予定です。

2009年9月15日 (火)

経過報告。

Dscn0438

基礎の埋め戻しが完了し、土間のコンクリートが打設されます。

当現場では、ある程度の外構工事も同時進行してすすめられていきます。

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

アクセス解析

  • アクセス解析
    http://www.i2i.jp/