« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月25日 (木)

空。

Ca3g0196

先日完成した物件での1ショット・・・

ハイサイドガラスから見える青い空がとっても印象的でした。

ひろい工場内で、忙しく働くスタッフのみなさんが、ふっと見上げたとき きっとほっとする事でしょう。

by 管理人。

2011年8月23日 (火)

ご安全に。

この夏 鹿児島で猛暑日を観測したのは、たったの4日間だけらしい・・・

それでもまだまだ日中の日差しはきついです。

ということで、熱中症対策。

緊急時の知識はもちろんですが、まずは予防からはじめましょう・・

Dscf10791

by 管理人。

2011年8月19日 (金)

TAG log。

Ca3g0152

窓から見通す緑の木々・・・視線が抜けていい気持ちです。

北面の窓はなにかと敬遠されがちですが、太陽の光を浴び、青々とした緑の森林を借景としてながめるには、サイコーです。

しかも一日中一定の明るさを確保できるため、北面のハイサイド窓はとっても効率がいいのです。

一方、常にまぶしい日差しをうける南面の室内からは、逆光となる日陰部分の木をみるだけ・・

南面にこだわらず、北にいい景色があるのなら、それをうまく取り込み気持ちのいい空間にしたいものです。

by 管理人。

2011年8月13日 (土)

散歩。

木陰ってほんとにありがたい。

とくに暑い日差しが照りつけるこの時期にはそう思うのです・・・

ちょっと風が吹くだけで涼しさを感じられる場所

住まいづくりへのヒントがあるのでは・・・

Ca3g0207

by 管理人。

2011年8月12日 (金)

素材のうまさ。

室内仕上げはシンプルなものを選びたい。

それは、できるだけ素材を活かせるように使いたいし、

塗り壁や無垢の木は、そのままで 簡素にみせたいと思うのです・・・

気持ちのいい空間をかざってくれる素材を大切につかっていきたいものです。

Ca3g0200_2

友人である料理人も同じようなことをいってます。

素材の味を活かせるようなストレートな料理を創りたいらしい・・・

by 管理人。

2011年8月11日 (木)

2学期からの給食に向けて

給食センターからです。建物は引渡しが完了

し2学期からの給食稼動のための職員研修が

始まりました。

完成した室内をアップします。

040d_1 

煮炊き調理室です。3500食を作ります。bread

040d_2

洗浄室です。食器洗い乾燥機の大型タイプです。

040d_3

コンテナプールといい給食を各ステンレスの箱に入れ

て各学校へ運ぶ前の部屋です。

040

外回りは外構工事が行なわれています。

037_2

暑い日が続きます。sun熱中症にかからないよう充分に

注意しましょう。給食センターからでした。paper

 byミスターU

2011年8月 8日 (月)

仕上げ。

室内の仕上げは可能なかぎり湿気を吸放湿するモノで仕上げたい。

ざらっとした珪藻土の塗り壁やしっくいなどで仕上げると、

光による陰影で、そのテクスチャー(質感)をたのしめる・・・

機能性とともに見た目にも気持ちがいい・・・

Ca3g0197

汚れたり、傷がつくと補修がちょっと大変だが、部屋と場所を選んで仕上げてみてはどうだろう・・・

by 管理人。

2011年8月 2日 (火)

TAG log.

節電を誰もが考えている今、住まいの照明も見直されつつある。

エアコン等に比べ効果は少ないが、少しでも電力をおさえようと真剣に取り組んでいる。

住まいの照明器具も、もっと少なくしていいんじゃないだろうか・・・

一つの部屋にポーンと大きな照明があるより、ちょっと部屋に影ができるぐらいの明かりが趣きがあっていい。

必要なところにはスポット的に明かりを灯す・・タスクアンビエント照明という考えが一番効果的で雰囲気もいいし、なんといっても落ち着くものですよね・・・

Grl_0194

Task_ambient

by 管理人。

2011年8月 1日 (月)

今月の1冊。

今、注目されているのがパッシブハウスである。
太陽熱、地熱、風、バイオマスなどの自然エネルギーを上手に利用し、冬温かく、夏涼しい家をいう。
堅穴住居がパッシブハウスの原形であるのはなぜか。
石油や電気に依存する二〇世紀の住まいの特徴はどこにあったのか。
環境先進国ドイツのパッシブハウスの現状はどこまで来ているのか。
Ca3g0014
これからの住まいのあり方、住み方について、よーく考えた家づくりが大切なんですね。
by 管理人。

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

アクセス解析

  • アクセス解析
    http://www.i2i.jp/