建築あるき Feed

2019年9月21日 (土)

公園。

 

ジョギングコースにある近所の公園の休憩所

 

よくよく観ると、構造とデザインが一体的でかっこいい建築です。。

 

Img_4871

 

中央の梁から翼のようにひろがる屋根は、片側3m近くもはね出してます。。

 

それを支える3本の柱。。。

 

Img_4873

しかも、このカーブです! 

 

単純でシンプルな姿。。。改めてみるとすばらしさに気づかされます。。。

 

Img_4875

どこにでもあるような日除けも、

 

建築物としてみてみると なかなか興味をそそられるものばかりです。。

by一丁田

2019年9月 2日 (月)

福岡市美術館。

約2年半の改修工事を経て

 

今年3月にリニューアルオープンした「福岡市美術館」

 

前川國男設計です!

 

Dsc05785

大濠公園から直接出入りできる1階のアプローチは、改修後に新設されたもので、

 

以前は 庭園だったようです。。

 

竣工当時の模型が展示されてました。。

 

Dsc05780

コンクリートはつり仕上げの躯体と、アーチ天井。。。

 

前川デザインの照明器具や家具も みごとに保存されてます。。。

 

Dsc05781

Dsc05798

当時の前川建築で特徴的な 打ち込みタイルの外壁。。

 

型枠にタイルを固定し、コンクリートを打ち込むことで、躯体とタイルが一体化となる工法。。

 

国際文化会館や石垣市民会館でもみられたように、タイルには固定用の孔が空いてます!

Dsc05802

この日は 天気もよく、1周2キロの池まわりをショートカットして半周しました。。。

 

Dsc05783

池周りのランニングを楽しんだり、ボートであそんだり、

 

市民の憩いの場であるこの一角に馴染むような雰囲気で美術館が建ってます。

 

Dsc05787

長い改修工事期間のため、なかなか行くチャンスがなかったのですが、

 

ようやく訪れることができ満足の建物探訪でした!

 

by一丁田

2019年8月29日 (木)

Hilton。

 

先週末は福岡へ。。

 

ヒルトン福岡シーホークの4階にある巨大なアトリウム

 

 

Dsc05758

 

高さ40mもある超巨大なおしゃれ空間。。。

 

 

収益を上げるための客単位面積、いわゆるレンタブル比はどんなもんなんでしょう。。。

 

Dsc057601

 

余白というか、余白が主役というか。。。

 

ラグジュアリー感がハンパナイ!

 

カフェやウェディングチャペルも併設していて、ただただ見とれるばかりです。。。

 

by一丁田

2019年8月20日 (火)

御楼門。

 

現在建設中の御楼門

 

 

ちょっとした おしごとの打ち合わせのため 現場の監理事務所にいってきました!

 

Dsc05701

近くでみると、さすがに、全天候型の仮設が圧巻です!

 

御楼門の主要構造部である柱や梁は

全国から集められた「ケヤキ」でできてます。。。

 

Dsc05714

完成はこんな感じ! 

 

立派な見学者用通路から見ることのできる屋根下地部分 

Dsc05713

見学スペースはエアコンも効いていてゆっくり見ることができます。。。

 

Dsc05710


めったに見ることのできない建造物です!

 

 

この機会に皆さんも見学いかがでしょう!

by一丁田

2019年7月30日 (火)

今帰仁村中央公民館。

 

名護市役所を設計した「象設計集団」

 

沖縄にある もうひとつの力作

 

「今帰仁村(なきじんそん)中央公民館」1975年

 

名護市役所が設計される6年前の建築です。。。

 

Dsc05473

 

連立する柱のなかに 公民館として必要な居室が割り振られているという平面計画。。。

 

Dsc05472

ていうか、この屋外にある平面説明模型(配置図?)の作りがスゴイ。。

 

ブロック塀にモルタルでざっくりつくられてます。。

 

Dsc05475

 

所要室をつないでいるピロティ。。。。ここでも、半屋外的な空間が際立ちます!

 

当日は雨でしたが、問題なく使えそうな感じ。。。

 

Dsc05477

 

ステージっぽい空間もある。。。

 

Dsc05478

赤いブロックで囲われた 外廊下?

Dsc05479

トイレもこんな感じです。。

 

Dsc05480

 

経年のため古さは否めませんが、いまでも執務室など職員の方々がフツーにオシゴトしてます。。

 

3体のシーサーに見守られながら。。。

 

Dsc05482

屋根はコンクリートがそのまま見えてますが、以前は植栽で覆われていたらしい。。。

 

いかにも土着的な雰囲気だったでしょうね。。。 

by一丁田

2019年7月25日 (木)

なは。

 

建物も道路も地図に残るシゴトです。。。 

 

目に映る風景で、その街の印象はかなり変わって見えるもの。

 

近代的でありながら地域の特性を感じ取れるケンチクっていいですね!

  

やはり 緑のあるケンチクはいいな!

by一丁田

_190725_00451

                                    (那覇市役所)

2019年7月23日 (火)

「細部」のこだわり。

  

先週末は 大雨の中

 

建築士会主催の納涼船で錦江湾の夜を楽しんできた一丁田です。。。

 

風と雨でほとんど外は見ることもなく、ひたすらアルコール三昧でしたけど!

Dsc05448

Dsc05440

さて、

 

「名護市役所」は内部階段も独特です。。。

  

わざわざコンクリートで突き出された照明器具と階段のディテール

 

人造研ぎ出しの階段鼻先には、円形に彫り込まれたノンスリップ。。。

 

一つ一つがきれいに欠き込んで加工してある。。。なんという手間のかけかただろう。。。

 

実際には 浅すぎてあまり 防滑性がいいとはいえませんでしたけど!

 

Dsc05442

  

この照明装置は、庁舎の行政室も同様の仕様に。。。

  

Dsc05445

 

アルミドアの把手部分は、なにやら怪獣的なカタチです。。 

Dsc05427

半屋外部分の天井面に埋め込まれたガラスたち。。

 

Dsc05424

 

床のいたるところには、不思議な造形が施されている。。。

 

Dsc05426

すべてに神が宿っている感じがしました。。。

 

ここが美術館でもなくアトリエでもなく、庁舎ということが信じられません。。。

 

Dsc05450

2019年7月16日 (火)

名護市役所。

 

那覇からレンタカーで一時間半ほど。。。

 

「名護市役所」は象設計集団の代表作です。。

 

遺跡のような土着的な建物を一度は見てみたかったんです!

 

Dsc05467

築後38年が経過し、色あせているせいか、ますます遺跡っぽくみえます。。

 

日差がつよい地域の庁舎で、たしか建築当時はエアコンなしで過ごすことができる

 

との解説だったと記憶してましたが、さすがに現在はエアコンが設置されてました!

 

Dsc05435

どの階も、日差しをさえぎる屋根で覆われた外部の回廊から、各部署へアクセスできます。

 

一般的な庁舎建築にありがちな、正面玄関的なものはなく、

 

利用者は敷地のあちこちから庁舎へ入ることができるような感じで、

 

琉球建築でみられる玄関をもたない「アマハジ」のような空間構成となってます。。

 

Dsc05466

 

ながいスロープでつながる空間もとっても魅力的。。。 

 

Dsc05431

 

壁から突出した片持ち梁のような装飾部分には、56体のシーサーが乗っかっていたらしいのですが

 

 

老朽化し落下の危険があるため、現在はすべて撤去されてます。。 

Dsc05434

 

細部はまた次回にでも。。。

 

by一丁田

2019年7月 4日 (木)

ホール。

 

「石垣市民会館」つづきです。。。

 

小ホール前は ワッフルスラブでスパンをとばしてます

 

Dsc053841

 

構造現しの天井は照明が間接的になると同時に、吸音効果もあり、

 

なんといってもこの格子の天井が空間に深みを与えてますね。。

 

Dsc05386

  

こちらは

 

小ホール棟ホワイエの吹き抜け空間。。。

 

外部の渡り廊下も板目そのままで貫通してますし、天井は濃い青。。。

 

 

床タイルのデザインも外部からそのまま連続してます。 

 

Dsc05383

 

白い穴あきブロックの表現や打放しの柱とガラス窓の仕切り。。。

 

ガラスに貼られた掲示物が少し残念な感じですが、古さを感じさせないデザインと色使いです!

 

かっこいい。。。

 

by一丁田

 

2019年7月 2日 (火)

183/365日。

今日は一年のちょうど半分らしいです。。

 

正月にたてた目標 みなさん覚えてますか。。。

 

「たくさんの建築を体感する」が目標の一つでもある一丁田です。。

 

さて、今回も「石垣市民会館」です

Dsc05357

 

大ホールへの玄関は、FIX窓と通気用の可動窓の組み合わせがリズミカルです。。。

 

Dsc05371

 

現在は使われていないと思われる「券売所」は、かつてゴールドに塗装されていたのか?

 

なんとなく輝いてますね。。。

 

Dsc05363

 

中庭から上がれる2階奥には最近オープンした「シマノバ」というスペースが。。

 

ここは、地域住民と来島者の新しい文化活動交流拠点として、企画されたようです

 

歴史ある建築物を柔軟に使いこなしていこうという活動でしょうか。。。

 

Dsc05367

 

「都城市民会館」も解体が決まり、寂しいニュースが流れていますが、 

 

このような住民の地道な活動こそが、

 

いつまでも愛される施設を持続させていくのでしょうね。。。

 

 

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

カテゴリ

アクセス解析