建築あるき Feed

2019年4月23日 (火)

国立新美術館。

以前にも

スタッフ永野が訪れていた「国立新美術館」

黒川紀章設計です。。。

 

Dsc04636

エントランスの見上げはこんな感じです。。。

 

透明感のあるファサードを演出する うねったガラスカーテンウォールは

 

こんな細やかなルーバーでできてます!

 

Dsc04628

遠目でみると うねってますねぇ。。。

 

Dsc046271

内部アトリウムは相当な高さがあり、特徴的なタワーが印象的。。。

 

Dsc04630

どんな躯体になってるのか一度ふれてみたかったのですが、

 

実際にみると コンクリート系パネルによる乾式工法のようでした。。。 

Dsc04633

どのスペースもデザイナーズチェアが置いてあり、 

優雅にカフェでお茶でもと思ったのですが、とにかく人が多い!

 

雰囲気だけ味わって 一時間ほどで退散しました。。。

 

安藤忠雄「光の教会」実物大の展示があったときに行きたかったなぁ。。。

 

内部の鑑賞は いずれまた。。。。

 

by 一丁田

2019年4月16日 (火)

素材。

Dsc04641

東京ミッドタウン内の敷地にあるデザイン発信の場

 

 

「21_21 DESIGN SIGHT」(トゥーワン・トゥーワンと呼ばれます)

  

設計は安藤忠雄氏。。。

 

Dsc04642

屋根は一枚板に全溶接された鉄板フッ素仕上げ。。。

 

建物の大部分は地下に潜ってるらしい。。

 

この日は、1階のギャラリーを見学しました。。。

 

Dsc04640

内部は コンクリート打ち放しとボードの白EP塗装

 

 

そして、景色をくっきりと切り取られたガラスの開口部といった仕上げ。。

Dsc04638

一方、同じ敷地内のミッドタウンタワー ガレリア3階にある「サントリー美術館」

 

こちらの設計は 隈研吾氏です。。

温かみのある 木のルーバーが印象的で、とっても繊細な感じです。。

 

この日は休館日で、表のショップだけ見学しました。。。

 

Dsc04644

どちらの施設とも 素材自体に焦点をあてたデザインなのですが、

 

観た印象も、内部空間のたたずまいも だいぶ温度差が違いますね。。

 

しかし、どちらも魅力的でした!

 

by 一丁田

 

2019年3月26日 (火)

ふね。

旧都庁跡地に建てられた「東京国際フォーラム」

 

丸の内の巨大な空間は、いくつものコンサートホールなどを併設しています。。

 

Dsc04602

 

ガラス棟のアトリウムは

 

船をイメージしているらしいが、構造材の鉄骨がすばらしくダイナミック!

 

Dsc04603

全体的に、スケールがでかい。。。

 

地下にみえるホールも巨大空間です!

 

中にいる人でスケール感伝わるでしょうか。。。

Dsc04604

中庭は、緑がいっぱいで気持ちいい!

 

Dsc04605

巨大な建物に囲まれてますが、

 

ガラス面の透過性と光の反射によって、圧迫感もなく全体的に気持ちいい空間だ。。

 

視線が抜けるってのは、やはり大事なことなんですね。。。

 

by 一丁田

 

2019年3月22日 (金)

ケンチク思想。

とある満月の夜。

建築をたまにはしっかり撮りたいと思い、

現場終わりに指宿へ直行!

いつでも見れるという思いから、しっかり向き合ってこなかった

鹿児島出身の建築家、高崎正治設計の「なのはな館」へ。

Dsc_6252

象徴的すぎるデザインは、

氏の思想がそのままカタチとなって表現されたような、とても前衛的なモノだ!

正直、ナンダコレと思ってしまうかもしれませんが、

現地で見るとその空間力に圧倒されます。

Dsc_6243

Dsc_6247

Dsc_6233

見れば見るほど、歩けば歩くほど、撮影スポットがたくさんあります!

問題なのは、年間の維持費が数億円掛かってしまうところ。

現在は使われていない場所もたくさんあります。

朽ちていく運命を辿らないためにも、価値を共有し使われなければいけませんね。

Sakou

2019年3月19日 (火)

Le Corbusier。

 

国立西洋美術館は

 

コルビュジエの弟子 前川國男によって新館が増築されました。

 

内部では 自然に移動できるようになってます。。。

 

Dsc04853

新館区域に入ると いきなり現れるこの空間構成

 

Dsc04854

1階には 

 

本館との間にある中庭を眺められるギャラリーもあります。。

 

Dsc04855

本館から新館まで、

  

グルリとまわって 最後にいきつく休憩スペース。。

 

ここは もちろんコルビュジエデザインの家具でみたされてます。。 

 

Dsc048591

 

最後に、正面玄関の右側にあるコンクリート階段

 

設計当時は回廊型の美術館の出口になるように計画されていたようだが、

 

実際には使用されず、いまも立ち入り禁止となっています。。。

 

Dsc048621

それにしても、すべてが絵になるデザインです。。。

 

巨匠のデザインした空間を体感できてシアワセでした!

 

展示品よりも 建物隅々まで眺めて時間を費やした美術館めぐりとなりました。。

 

by 一丁田

2019年3月12日 (火)

旅のつづき。

上野の「国立西洋美術館」

 

現在は開館60周年を記念してコルビュジエの展示会が開催中。。。

 

私が訪れたときは、まだ開催前だったため常設展示とバロックの「ルーベンス展」が開催中

 

内部に入るのは初めてです。。。 

 

Dsc048641

1階ピロティの中央から入場し、一筆書きのように展示をみてまわるような導線計画。。

 

Dsc04833

トップライトのある19世紀ホールからスロープで2階へすすみます。。。

 

コルビュジエの建築によく登場するスロープですが、

 

階段と違って 足元を気にせず、

 

なおかつ、

 

進むたびに 見える情景が移り変わっていくことで、その空間の見え方が変化していく。。。

 

Dsc04834

すばらしい 移動手段です。。。

 

そして、片側手すりのある階段

 

ここは、立ち入り禁止となってます。。。

 

Dsc04848


展示空間の天井は低い部分が黒で、高い部分は白

壁は白

 

床は黒

 

間接照明の入ったガラスのボックス。。。建設当初は自然光を拡散させていたようですが、

 

いろんな事情で、現在の照明に変化していったらしい。。。

 

Dsc04841

 

建物全体を構成する寸法は、

 

コルビュジエの唱えたヒューマンスケール「モデュロール」によるもの。

 

西洋人の体に合わせた寸法ですが、

 

ほどよいスケールは全国万人向けなのではないでしょうかねぇ。。

 

Dsc04845

今回はじっくりと ここの空間を体感することができました!

 

なので、また次回にアップします。。

by一丁田

2019年2月19日 (火)

同潤会アパート。

大正時代に設立された財団法人「同潤会」によって、

 

関東大震災後に強い鉄筋コンクリート造の集合住宅が数多く建設されました。。。

 

ここ、青山アパートメントもその一つ

今では「表参道ヒルズ」の端っこに、当時の建材で復元された佇まいを見ることができます。。。

Dsc04671crop1

各フロアにはギャラリーなどが入ってます。。。

 

青山のギャラリーというだけでオ・サ・レ・・・

 

Dsc04673

新しいヒルズとの接続部分とは、こんな感じでつながっている。。。

 

この打ち放しコンクリートの設計は

言わずと知れた安藤忠雄さんですね。。

 

Dsc04675

周囲環境に配慮し、

 

表参道のケヤキ並木の高さにあわせて建てられたこの施設は、

 

地上は3階までとなっており

 

収益性を高めるために必要な店舗の大部分が地下に埋まっています。。。

 

Dsc04676

中央の吹き抜けは回遊性のあるスロープでつながっており、

 

周回しながら自然に各フロアへ移動でき、エスカレータでも昇降できる。。

 

ダイナミックな空間です。。。

 

181123_181125_0063

新旧が違和感なく みごとに一体となってます。。。

 

実は、以前ここを訪れたときは、この同潤会がくっついていることに気づかなかった。。

 

それくらい、自然です。。。

 

Dsc04672


 

実物を見れて満足でした。。

 

by 一丁田

2019年2月12日 (火)

東京文化会館。

1961年竣工 「東京文化会館」 

 

モダニズムの巨匠 前川國男の代表的な建築です。。

 

数年前には昼間訪れたのですが、今回は夜の内部をみたかったため、あえて夜景です。。

 

Dsc04802

それにしても デカい!

目の前に建つ 前川の巨匠コルビュジエ設計「国立西洋美術館」の敷地から撮っても

 

フレームに納まりきれません。。。

 

水平ラインが強調されていて、とっても。。。とっても。。。 かっこいい!

Dsc048101

今回どうしてもこの目で確かめたかったのは ランダムに配置された星空のような照明。。。

 

Dsc048001

それと、「落ち葉」をイメージしたという床タイル

 

Dsc04796

それから なんといってもダイナミックな屋内空間を体感したかったのです。。。

 

Dsc04778

この日は バレエの公演と音楽家のコンサートが準備中であり、

 

多くのお客さんが来館していました。。

 

大ホールへとつづく部分にはゆるやかな仕切りがあり、あちらはみえるものの立ち入り禁止!

Dsc04788

この仕切りカーテンも よく見ると「人」と「人」が手をつないでいるように見えます。。

 

かわいいデザインです。。

こんな巨大な施設ですが、細部までこだわりぬいたデザインが施されています。。。

 

スゴイ。。。

Dsc04789

スロープの手すりも 手触りのいい形状。。。

 

意匠にも徹底的にこだわり、使う人にも十分に配慮された建物なんです。。。

Dsc04787

Dsc04794

Dsc04786

あまりにも 見るところが多すぎて、こっちウロウロ あっちウロウロ・・・・

 

警備員の眼が怖かったです。。。

 

感動のあまり、翌朝も来てしまった。。。

 

夜も昼も見どころ満載の建築です。。。次回はぜひ 大ホール内部を味わってみたい!

Dsc04819

そう誓った一丁田でした。。

2019年2月 5日 (火)

浅草観光センター。

ここ数日、平屋の設計に没頭している一丁田です。。

 

さて平屋といえば 

 

平屋を積み重ねたようなデザインが目を引く「浅草観光センター」

 

Dsc04688

雷門前の交差点にあった銀行跡地の建物です。。

 

隈研吾設計!

 

狭い敷地にあるためペンシルビルにしたくなくて、

 

浅草の街並みに合うようなデザインにしたという。。。

 

Dsc04689

ルーバーの不燃杉は近くでみると、テーパーになってた。。

 

こんな細かいディテールが外観の印象を変えていくんですね。。。

 

Dsc04690

8Fテラスまで一気にエレベーター移動するとスカイツリーもきれいに見える。。 

 

Dsc04694

浅草寺の仲見世もこんな感じ。。

 

181124_181125_0015_0

9:00オープン早々に入場したため、

 

いつもは ごった返す街の人も、まだまばら。。。

 

おかげで、ここもゆっくり見学できた。。。

 

6Fでは、まだ誰もいないシアターで さびしく映像だけが流れてます。。。

 

あと数時間もすれば人でいっぱいになることだろう。。。

Dsc04691

外観からは内部のようすが想像できなかったが、

 

決して広くない各フロアも、それぞれの階高に変化があり、

 

そこから見える景色の高さが変化することで、どこにいても開放的で気持ちのいい施設でした。。

by 一丁田

2019年2月 4日 (月)

図書館。

以前、一丁田がブログでアップしていた

 

都城市立図書館へわたしも遊びに行ってきましたrun

 

259316c8118944208f2ebf237d534a5c

053e4f91a9844d65ba93c13c1c695383

 

お気に入りの場所を見つけ、持ってきた勉強道具をひろげ

 

はじめていると

 

家ではあんなに集中出来ないのに!!! 

 

なんとなんと5時間ほど時間が過ぎていました。

  

素敵な空間の中で充実した時間を過ごすことができました。

 

 

館長さんの話をきいていると、

 

「騒いではいけません」「携帯禁止」などの

禁止事項が無いようで

 

その貼り紙がないとのこと。。。 

確かに、あたりを見回しても

 

注意事項・禁止事項の貼り紙がなかった!!

 

 

「みんなでつくっていく建物」かっこよかったです。。

永野

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

カテゴリ

アクセス解析

  • アクセス解析
    http://www.i2i.jp/