建築あるき Feed

2021年4月 7日 (水)

Dome2。

 

熊本県民総合運動公園内に建つ、

 

異彩を放つプロポーションの建築、パークドーム熊本。

 

Img_20210320_115205639

Img_20210320_104617352

 

内部へ入ると、テントみたいな幕で覆われた構造になっていました!

 

ウォーキングコースを歩きながら、その空間に圧倒!!

 

Img_20210320_103956733

Img_20210320_103354161

 

建物の周りの窓は回転式で、中のウォーキングコースに

 

どこからでも入れるようになっていて、とても開放的!!! 

 

Img_20210320_104046127

Img_20210320_104310378

 

コンクリートの構造もとても素敵な空間を創り出しています!!

 

建築は構造の見せ方ひとつで、とても魅力的になりますね!!!

 

Sakou

2021年4月 6日 (火)

Dome。

 

ここ最近

 

改修や新築のご相談をいただき フル稼働のTAG Designスタッフです!

  

さて、先日立ち寄った小国ドームは 建築家 葉 祥栄氏の設計です。

 

 

 

ステンレスの屋根は大きく湾曲していて、 

B7ab6b406b1645d094ba48eee1dda50b


 

 

内部は地元杉の間伐材で構成された木造立体トラスです!

 

 

C59efd42e7bd416a9d7e72889f3e74ac

 

正面の傾斜したガラスは 鉄骨に直接はめ込まれていて、

 

 

使用部材の点数が少なくとってもシンプルなディテールです。。。

 

 

25c4b040d88a4b6ca92cb021369a4a73

 

構造と意匠がお互いにムダなく両立されていて

 

 

単純なようで 実はとっても細かく複雑に構成された建築であることがわかります!

 

同じく南小国の道の駅に建つ 小国ゆうステーションも同氏の設計。。。

 

196b70470d28430684e22b443cba779e

建物2階に続く 薄っスーいコンクリートスラブのスロープもデザイン性高し!

  

 

特徴的なファサードで ついつい立ち寄っちゃいますよね!

  

 

21世紀を代表する コンクリートと木と鉄とガラス 

 

 

 

 

それぞれの利点を活かした見応えある建物でした。。。

 

  

「体感がすべて!」 建物あるきは続きます。。。

by 一丁田

 

2021年3月23日 (火)

小国のまち。

 

南小国町で見かけた蔵。。

 

 

1ce8237c5ef141fc81f1bdf834eea59c

本体の蔵の上に二重に葺かれた大屋根! 

 

 

これは珍しいと 見入ってしまいました。

 

 

雰囲気のいい通り沿いには なんともいいバランスのお店もありました。。。  

 

28749611ae5a4df9a2ab579a04dbcd5c

 

古くから伝わる「置き屋根」  

 

と呼ばれる工法らしく、蔵の温湿度調整と建物の劣化を防ぐ役割らしいです。

 

知らない街を歩いて散策すると、思いがけない珍しいケンチクに出会えます!

 

体感の旅は、永遠に続きます。。。

 

by一丁田

 

 

2021年3月17日 (水)

グリーンベルト。

 

鹿児島市内の産業道路沿い一帯の谷山緑地公園。

 

たくさんの緑に覆われ、ずーっと直線が続くこの公園は、

 

考え事をしたり、好きなラジオ番組を聴いたりしながら、

 

散歩するのに最適だと気付き利用し始めました。

 

Img_20210315_181701784

 

通勤通学、イヌの散歩、ウォーキングやランニングなどで、

 

利用されている方々がたくさんいて、

 

街なかの隠れたところに少しだけ賑わいがある感じがとても良しです!

 

また、公園では直線の遊歩道が続きますが、

 

所々に小さな広場のようなポケットパークが点在していて、

 

都市計画的にもおもしろい空間になっています!! 

 

Img_20210315_183002008_2
Img_20210315_181230479_2

Img_20210315_182845970

 

コンクリート製の東屋や、各所にあるトイレなどなど、

 

県立公園ではありますが、少し遊び心のあるデザインの建築がみられます!!!

 

現在、産学官連携で「谷山緑地公園グリントプロジェクト」と呼ばれる、

 

公園のにぎわい再生計画が着々と進んでいるようです。

 

色んなイベントをしたり、カフェなどの施設ができて生まれ変わるみたいです!!!!

 

Sakou

2020年12月15日 (火)

zoo。

寒くなりましたね。

 

先週末までが 暖かかったので チョット慣れるまでが大変かな。。。 

  

さて、最後のポカポカ日和で 先週は近所の動物園へ行ってきました! 

 

469341bfc7b449f49f8c0cc2dc1ed265

 

そこで見かけた建築、

 

単なるエレベーター棟ですが、深い軒が張り出されていて なんともかっこいい! 

 

 

陰影がその雰囲気を醸し出すのでしょうね。。。

 

 

動物園では トリケラトプスのような サイを見るのが大好物な一丁田でした。

 

2020年11月24日 (火)

ガラスのフレーム。

ピクチャーウィンドウという窓がある。。。

  

壁を切り取り ガラスの はめ込まれた開口からは 外の景色がきれいに見通せる。。。 

 

 

室内の照度が抑えられた空間であれば 

 

 

なおさら外の明るさと広がりを感じ取れるものになるようだ。。。

 

 

Dsc06998

 

一方で、ガラス張りの透明感ある空間もすごく魅力的だと思います。。。

 

 

こんな海を見せたい場合、

 

さて、どちらを選択することだろう。。。

 

 

どちらも きっと魅力的だ!

 

 

建築に 果たして正解はあるのでしょうか。。。

by一丁田

  

 

 

2020年10月28日 (水)

モダニズム?

 

現場事務所にて、

 

休憩時間にはモダニズム建築を見に行きたい!巡りたい!と言っている

 

弊社スタッフ一丁田との会話の中に出たケンチクです。

 

Dsc_7757

 

長崎市内に建つ”聖フィリッポ西坂教会”という教会です。50年以上経っています。

 

独特な二つの塔・・・。ピンと来た方もいるかもしれません。ガウディライクなんです。

 

サグラダ・ファミリアのガウディに影響された今井兼次氏設計のモダニズム建築です。

 

今井氏が日本にガウディを広めました。 

 

当初の外壁は、コンクリートの打ちっ放しでしたが、最近キレイに塗装されました。

 

Dsc_7742

Dsc_7760

 

モダニズムとはいっても、外観には自由なカタチの装飾がたくさんあって見所です。

 

雨どいの四葉のクローバーのアンコウはとても素敵です!

 

二つの塔には陶器のかけらがモザイク状に貼られていて、

 

皿やお茶碗のカタチをしたままのモノもあります。

 

これを貼ったタイル屋さんも大変ですが、指示する方も大変だなあ・・・。

 

Dsc_7755

Dsc_7745

Dsc_7752

Dsc_7754

Dsc_7746

 

教会の中も見所盛り沢山。なかなか先へ進みません。

 

祈りの空間は・・・すごく感動しました。木造の船底天井が強烈です。

 

いろんなカタチのステンドグラスを、この天井がスッキリ美しくまとめていると思います。

 

長崎駅前の急坂をえっこらよっこら上がったところにありますので、ぜひ一見を。

 

Sakou

2020年6月 9日 (火)

遠足のような。

S__40787970_0

久々の建物探訪となったTAGメンのお昼休み時間。。。

 

外出自粛期間も はやく全面的に解けてほしいものです!

 

S__40787973

 

異国の建築を感じるスケール。。。(行ったことないけど。。)

 

S__40787972

 

指宿なのはな館は、劣化もひどく 現在、半分は未使用の空間となってます。。

  

もったいない。。

S__40787975

「映える写真を!」

 

と 最近Instagramをはじめたスタッフ東・・・

 

けっこうな枚数の写真を撮ってました!

 

S__40787974

 

ダイナミックな空間を体感できたお昼休みでした。。。

 

こんなすばらしい建築を見ると、 

 

どうしても、施工上の大変さに目が行ってしまい、

 

肝心の設計意図を理解できないまま帰ってきたのは、施工屋のサダメでしょうか・・・

 

by一丁田

2020年3月25日 (水)

Nagasaki trip, Day 2.

 

平戸島東部に位置する宝亀(ほうき)集落にある宝亀教会。

 

クルマ1台分しか通れない脇道を駆け上がると、

 

美しい赤色の教会が現れます。

 

レンガづくりの教会で、前回紹介した教会同様、

 

尖塔アーチのデザインを多用したゴシック建築の教会です。

Dsc_7374

赤と白の配色や中央部分の ”バラ窓” など、正面のデザインが印象深かったですが、

 

洋風の建物に漢字で書かれた"天主堂"の文字がとてもカッコイイです!!

Dsc_7378

教会の側面は漆喰塗りと板張りで、正面とは全く様子が違います!

 

ちなみに、基礎の石積みの穴の開いた部分は床下換気口です。

Dsc_7381

なんと、教会の側面部分はバルコニーになっていました!

 

バルコニー付きの教会は初めてみました。

 

洋館でよくある "コロニアルスタイル" です。

  

しかも、この教会は長崎の宮大工が建てたということもビックリです。。。

Dsc_7388

外の天井は、板を網目状に組んだ ”網代(あじろ)天井” です。

Dsc_7384

尖塔アーチの開口部分のレンガ積も圧巻です!

 

下駄箱がデッドスペースを利用してピッタリ納まっています。

Dsc_7390

キレイな彩色だ。

Sakou

2020年3月18日 (水)

Nagasaki trip, Day 1. つづき。

前回の長崎旅のつづき。

 

長崎は、長崎市内のオランダ坂のように坂道になまえが付けられるほど、

 

坂道が多いイメージがありますが、

 

平戸も例外ではありませんでした。

 

ひたすら登って、下ってたくさん歩きました!

Dsc_7315

長崎の坂道は、路地裏の雰囲気を醸し出した小道がたくさんあるような気がします。

Dsc_7456

お寺のある通り沿いは静粛な雰囲気!

Dsc_7460

今回の長崎旅のテーマは、"教会めぐり" です。

 

ようやく1軒目の教会です。

 

お寺が建ち並ぶところから、突然現れます!

 

和洋折衷な風景・・・。フシギなカンジです!

Dsc_7437

「平戸ザビエル記念教会」

 

鉄筋コンクリート造の教会です。

 

入り口にサッシが取り付けられていますが、

 

建設から100年近く経ちます。

 

よく手入れされていてキレイな教会でした!

Dsc_7444

キレイなウグイス色です。青空とセットで見たかった!!!

 

尖塔アーチと尖がり帽子のような屋根が沢山あるのは、

 

ゴシック建築の特徴です。

 

尖がった部分の装飾もシンプルでオシャレです!

Dsc_7445

Dsc_7447

宙ぶらりんになっている部材は、

 

ゴシック建築によく用いられるフライングバットレス。

 

控え柱に力を伝達する重要な構造材ですが、

 

デザイン的にもシャープでカッコイイです。

 

内部は白を基調としたリブヴォールト天井の空間です。

 

平戸を訪れた際はぜひ立ち寄りましょう。

  

Sakou

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

カテゴリ

アクセス解析