建築あるき Feed

2019年1月29日 (火)

吉村順三記念ギャラリー。

ライトの「自由学園明日館」から歩いて10分ほどでしょうか。。。

 

目白にある

「吉村順三記念ギャラリー」へ向かう。。。

 

181124_181125_0041

今回の旅の目的のなかで、かなり上位に位置する目的の場所だ。。

あこがれの「吉村順三設計事務所」跡地です!

Dsc04769_2

この日は、当時、吉村事務所の所員であった建築家の平尾 寛氏や他にもスタッフさんがいて

 

ひとつひとつを詳しく説明してくださった。。。

 

後ろ姿の左手の方が 平尾さんです。。

 

Dsc04760

ここは、一般フロアから一段下がったスペースで、当時の「打ち合わせ室」

 

左の階段をあがると吉村先生の個室へ。。。(今は図面と模型の倉庫と化していました。。)

 

設計依頼のあるお客さんは、訪問するとまず、ここへ案内され「吉村テイスト」を感じ取りながら

 

先生を待ち、そこへ2階からゆっくりと吉村氏が下りてきて相談がはじまるという、

 

なんとも粋な演出です。。

ちなみに、別階段からの2階部分は、

 

現在若手のデザイナーや建築家が数人で働くシェアオフィスとなっており、

 

格安で間借りさせてるらしい。。。

181124_181125_0038_0

この部屋の椅子という椅子すべてに座り、部屋隅々までながめる。。。

 

吉村障子を開け閉めさせてもらったり、

 

当時の図面をながめたりしながらゆっくりとした時間が流れます。。

Dsc04764

なんだかんだで、最後は客が3人となり、

 

お隣の展示室でコーヒーをいただきながら雑談がはじまる。。

 

話がはずみ2杯もいただいた。。(おだやかに語る平尾氏も素敵でした。。。)

 

多くの作品を残した吉村順三氏ですが、他の巨匠たちに比べ、

 

それにまつわる雑誌等は極端に少ない。。。

Dsc04765

平尾氏いわく、創ってから自分の作品に対しては、あまり多くを語らず、

 

「住み手」が気もちよく暮らしていくことに情熱を注いでいた方だったらしい。。。

 

ますますファンになりました!

大満足の建物あるきとなりました!

by 一丁田

2019年1月22日 (火)

変わりゆくまち。

銀座 数寄屋橋交差点のソニービル

 

といっても いまではビル跡地。。。

数年前に撮ったビルの姿はこちら。。。 

 

Imgp46411

そして 現在の写真はこちら。。。

Dsc04607_2

そうです。。一年ほど前に解体されました。。

181123_181125_0008

Dsc04609

 

2020年新ビル着工までの間、「銀座ソニーパーク」という名で、

 

1階の一部と地下部分だけが残されていろんなイベントが開催されてます。。

梁貫通のスリーブ跡をそのまま放置するあたり、かなり 面白いです。。。

地下はあいにく閉まってました。。。というか、このビルがなくなったおかげで、

 

お隣のレンゾ・ピアノ設計「エルメス本社ビル」が超めだつではありませんか。。。

 

181123_181125_0011

間近でみる400㎜ほどの特注ガラスブロックだらけのファサードは圧巻です!

181123_181125_0009_2

 

構造的にも かなり挑戦的な建物のようです。。。

 

夜は内部のあかりでかなり幻像的な雰囲気になるらしい。。。 

 

181123_181125_0012

あちこちで商業ビルの建て替えがすすめられていますが、

 

解体から新築までの間をあらたな用途で使い切るという手法も アリ ですよね!

by 一丁田

2019年1月19日 (土)

動態保存。

西池袋に建つ「自由学園明日館」

 

当時、帝国ホテル設計で来日中のF.L.ライトによる設計。。

国の重要文化財となっている。。。

Dsc047461

訪れた日は、ちょうど結婚式で使用されていたため、

 

「一部しか見学できません、、可能な範囲の見学でよろしければ本日は無料でどうぞ、、、」

 

とのこと。。

Dsc04736

 

築およそ100年ちかい文化財ではあるが、

 

貴重な建造物だからこそ肌で感じてもらいたいのだと、

 

日頃からいろんなイベントで使用されているらしい。。。

 

「動態保存」のモデルケースなのです。。

 

Dsc04737

腰部分はライト好みの 大谷石がふんだんに使用されている。。。

 

Dsc04741

なんといっても 全体の印象を決めている幾何学模様の木製建具。。。 

 

Dsc04749

低い軒で水平ラインが強調されたプレーリースタイルの建築は、

 

実際に間近でみると とっても落ち着く空間となってます。。

 

Dsc04747

道路をはさみ反対側にはライトの弟子である遠藤新が設計した講堂がある。。。

 

こちらでは 音楽会が開催中。。。 

 

重要文化財が地域のひとびとの生活に溶け込みながらも、大切に保存されている。。

 

Dsc04751

Dsc04743

文化財に対する考えが ガラッと変わった建築あるきとなった。。。

 

by 一丁田

2018年12月25日 (火)

東京カテドラル聖マリア大聖堂。

クリスマスですね。。。

 

カトリックにまつわる建築ということで

 

「東京カテドラル聖マリア大聖堂」設計は丹下健三です。。。

 

181124_181125_00331

東京メトロ護国寺駅から歩いていくと次第に建物の全容がみえてくる。。。 

 

まず、これが50年以上も前に建築された建物なのか!

 

というのが第一印象。。。 

 

どの角度からみても 外観からは正確なこの建物のカタチが理解不能。。。

 

ステンレスで覆われたダイナミックな姿に心がわくわくしてくる。。。

 

181124_181125_0025_0

当日は、朝から結婚式が5組も入っていて、挙式中の撮影はNGとのこと。。。

 

ただ、見学はできますよ!ということで、教会の一角にて挙式の見学をさせてもらった。。。

 

東京まできて、まったくの他人の挙式をスタートからぶっ通しで見させてもらった。。。

181124_181125_0030

さて、肝心の建物はというと、 

 

シェル構造のコンクリート壁がダイナミックな無柱空間を作り出していて、 

 

そそり立つように寄り添い、テッペンではトップライトが十字架のシルエットになる。。 

 

食い入るように建物をみていると、親切な教会の人から

 

「YouTube でドローンによる空撮をみることができるから、ぜひみるといいですよ」

とおしえてもらった。。 

 

屋根が終結したくぼみ部分にトップライトということで、

 

雨対策としてはかなり挑戦的なつくりであり、

 

竣工当時から雨漏りがひどかったらしいがそんなことはどーでもいい!

 

181124_181125_0026_0

実際に挙式に参加したが、厳かな雰囲気の中、パイプオルガンの音色がこの空間に響き渡り、

 

アヴェマリアの独唱がはじまり、新郎新婦が入場してくる演出。。。

 

ついつい感動してしまい、うるっときた。。。。

 

CGや3Dのない時代に、この空間、この演出を、手書き図面のなかで想像し造ったのか!

 

と思うと、その偉大さにまたまた感動!

 

だれもいないこの空間を体験するよりも、今日は貴重な体験ができた!

 

そんな建築あるきだった。。。

by一丁田

 

2018年12月18日 (火)

社食堂。

代々木上原の「社食堂」

 

谷尻誠+吉田愛率いるサポーズデザインオフィスの建築設計事務所でもあり、

 

食堂でもあり、画廊、書店、ショップが併設された欲張りなお店。。。

 

181123_181125_0066

その空間とこだわりのご飯を同時に味わいたく、かつ、お二人がいれば 

 

これまたラッキーと思いつつ足をのばした。。。

 

半地下になっているため、

 

本棚のある階段を降りていくとオープンカウンターが中心となったフロアが広がる。。。

 

181123_181125_0078

 

カウンター内にいる美人のスタッフさんたちも 気さくな方々で、

 

「スチール素地のカウンターが最近錆びてきて、近々メンテするらしいんですよ。。」

 

とかいろいろ裏話もきかせてもらった。。 

 

というか、全部スチールだったとは、知らなんだ!

181123_181125_0072_2

食事の準備ができるまで「自由に雑誌も読んでください」ということで、

 

谷尻さんの作品集をテーブルにキープしつつ、店内を自由に物色。。。

 

181123_181125_0076

ぐるっと一周すると、奥には設計事務所。。。残業中のスタッフさんあり。。 

 

食堂にくる一般の客や、ショップの客でにぎやかだし、集中して仕事に影響ないのかと

 

思う人もあるだろうが、以前の講演で谷尻さんが言っていた

 

「カフェも今やもはやパソコン持ち込めばそこがオフィスともいえる。。」

 

という言葉が具現化された空間となっている。。。

181123_181125_0073

片方ではデザイナーさんの商品が展示販売中。。。 

 

楽しさいっぱいの「社食堂」 オーダーしたキーマカレーは山椒が効いていて旨かった! 

 

すべてにこだわった空間とおいしいご飯でお腹いっぱいとなりました。。

 

居心地よすぎて、けっこう長居してしまいました。。。

by 一丁田

2018年12月11日 (火)

名作にふれて。

1955年に開館した六本木の「国際文化会館」

 

日本建築界の巨匠、前川國男、坂倉準三、吉村順三の共同設計です。。

 

Dsc04619

大谷石のサイズに合わせた館名板、横幅はなぜ目地と合わせなかったんだろう。。 

 

などと感じながらも屋内にはいる。。。内外の連続性がすっばらしい。。

 

天井高も絶妙!

Dsc04618

当日は結婚式が行われていて、地下の会場は入れなかったが、

 

ホールやラウンジ・中庭は自由に行き来できてじっくり空間を味わうことができた。。

181123_181125_0027

低めのテーブルセットがならぶラウンジでは数組のカップルが結婚式の打ち合わせをされていて、

 

人気の高さをかんじた。。中庭では前撮りするカップルも。。。

Dsc04610

Dsc04617

コンクリートと木製建具

 

歴史ある会館でウェディングなんて、いいですね。。。 

 

地下1階の屋根部分にあたる人工地盤の中庭から、正面の日本庭園を

 

最高の風景としてみえるような配置になってます。。

181123_181125_0030_2

 

池を眺めながらのレストラン「sakura」

 

ランチコースは3,000円オーバー・・・・スルーします・・・

 

Dsc04615

巨匠たちの設計監理とあって、どこをみてもスキのないディテール。。。

 

ほれぼれすると同時に、感動ものです。。。

Dsc04622

Dsc04623

六本木ヒルズをバックに登録有形文化財。。。 

 

格式ある建築をどこまでも使いこなす。。。存在、使われ方どれをとってもいい!

いい建築を体感できました。。

by 一丁田

 

2018年12月 4日 (火)

すみだ北斎美術館。

両国の駅から歩くこと10分

 

妹島和世設計「すみだ北斎美術館」

Dsc04699

 

隣接する公園からはもちろん、3方向からアクセスできる配置となっています。

 

雑誌で見たときからすごーく気になってた建物全体のスケールでしたが、

 

地下1、地上4階建ての結構なボリュームでした。。

 

Dsc04723

Dsc04725

建物に「裏表」を作りたくなかった。。というコメントらしく、

4面すべてが淡い鏡面のアルミパネルで覆われていて

 

それに周りの景色や空が映し込まれることで、下町に突然と現れるこの建物のボリューム感を

 

緩和させているんだなと間近でみて感じました。。。

 

どうりで雑誌からスケール感がつたわらなかったはずです。。

 

周囲に溶け込み圧迫感のない計算されたファサードあっぱれ!

 

Dsc04707

内部の企画展示室 

 

らせん階段と吹き抜けの手すりは薄い鉄板の曲げ加工。。。まるで模型のようです。。

Dsc04718

仕切り壁と床のスリットからは間接照明、

 

外部スリットのガラス面からの採光と絶妙なバランスで内部空間を照らしています。。

 

Dsc04721

1階には図書室と販売ブース

 

あ、肝心の北斎についてですが

 

幼少期から絵の才能がずば抜けていたようで、これはこれで見ごたえありです。。。

 

Dsc04700

コンクリート、鉄骨、ガラス、アルミパネルといった無機質な素材で構成されていますが、

 

なぜかそれを異質なハコモノとは感じさせない仕上げとデザインは、すごいなぁと感じました!

 

ちなみに こちらは近くにある「江戸東京博物館」菊竹清訓設計

 

このコンクリートボリュームはすごい。。。とてつもなくでっかい建築でした。。。

 

存在感ありあり。。。

181124_181125_0017

by一丁田


 

2018年12月 3日 (月)

まちあるきセミナー in 名山掘

建築士会女性部会のまちあるきセミナーに参加してきました。

今回のセミナーは名山掘!

古い建物が立ち並ぶ名山掘ですが

最近では新たな取組みがとても盛んなまちです。

S__36896770

S__36896771

 

S__36896772

今回のセミナーでは大分や宮崎の建築士会の方々にも

参加していただき、30名ほどの人数でわいわい楽しく

勉強することができました。

女性の少ない業界ですがでこうして大人数で

勉強会をする機会を定期的に設けていただくので

とても心強いです。

 

まちあるきでは

ゲストハウスのオーナーさんや

朝カフェをやられている行政の方のお話も

聞くことができとても有意義な時間をすごすことができました。

S__36896776

おしゃれな雑貨屋さんやご飯やさんなど

たくさん載った地図をいただいたので

個人的にまた、まちあるきしてきたいと思います!

 

名山堀はたくさんの魅力がつまった素敵なまちでしたconfident

永野

2018年11月27日 (火)

NEZUMUSEUM。

「ストイックに自分の見たい建築を見る!」

 

週末の2日半をフルに使って、そんなひとり旅をしてきた一丁田です。。

 

なかでも じっくりと堪能したものを数件ご紹介していきます。。

 

まずは、南青山の「根津美術館」

 

隈研吾設計

 

表参道からみゆき通りへと人でにぎわう街の一角にこんなにも落ちつく空間があることに驚き!

Dsc04667

美術館だけではない。。。

 

広大な敷地には緑豊かな庭園と4つの茶室が点在している。。。

Dsc046501

 

池もある。。。

Dsc04658

181123_181125_0053

徹底的に薄く深い軒先からは想像できないが、実は瓦葺きである。。。 

 

Dsc04652_2

軒を支える鉄骨プレートと外装のプレートは亜鉛メッキ仕上げ。。。

 

そこに竹とガラスの組み合わせ。。 

無駄な装飾がないため とっても落ち着いた雰囲気です。。

 


Dsc04648

展示室は撮影NGでしたが、

 

国宝や重要文化財が収蔵され、テーマを変えながら企画展が行われています。。

 

低くて深い軒の日本家屋を、それぞれの素材のままで表現するという「くまけんちく」は

 

想像していた以上にしっくり体に馴染む空間でした。。。

2018年11月 6日 (火)

「たけた」にて。

大分県竹田市は「たけだ」でなく「たけた」って読むんですね。。。

 

まちをすすむと なにやら賑わっているスペースを発見し、立ち寄ることに。。。

 

その名も「グランツたけた」

最近OPENした施設のようです。。。

181021_181021_0014

敷地内には たのしげな公園も隣接しています。。。

 

なかでも 初めて目にしたのが、「ふわふわドーム」

 

屋外常設の遊具としては珍しくないですか?

空気のはいった膜構造の丘で

子供たちがびよーんビヨーンと飛び跳ねてます。。。

うらやましい。。。

181021_181021_0016

ここ数年の間に、我々が慣れ親しんだ遊具は 危険なものとして取り外され、

ずいぶん公園の遊具も変わってきました。。。

 

そんな中で 自由に飛び跳ねられる遊具って、ある意味挑戦的だな!とかんじました。。。

181021_181021_0017

内部では 瀧廉太郎ホールで 音楽祭が開催されてました。。。

 

幼いころの瀧少年が暮らした土地らしいです。。。

 

181021_181021_0026

待合スペースもとっても気持ちよさそうです。。。

181021_181021_00201

まちのみなさんに利用されていて いい施設ですね。。。

 

知らない土地を訪ねると いろんな発見ができてとっても楽しいです。。。

スマホのナビさま様ですな。。

by 一丁田

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

カテゴリ

アクセス解析

  • アクセス解析
    http://www.i2i.jp/