« 知覧文化会館 Vol.2 外壁改修・・・・ | メイン | 秋晴れのなか。 »

2013年10月13日 (日)

経過報告

知覧庁舎本館耐震補強工事の経過状況です。

屋上のパラペットや2階外廊下などアルミブレスを設置するのに邪魔になった既存の庇類及び外壁タイルの撤去が完了して、現在はブレスの補強に必要なアンカーを削穿、打ち込みを行っています。

撤去が完了してアンカーを打ち込む前に鉄筋がどこに入っているか探査機で調査

Dscf3800

マーキングを行いDscf3801

穴開け開始Dscf3781 開けてアンカーを打ち込んだ状態がこんな感じです。

Dscf3788 耐震補強と言うだけあって打ち込む本数もかなりの量・・・・

これだけでも補強された様な感はありますが、引き続きこのアンカーにスパイラル筋と呼ばれるバネの形に似た鉄筋を取付て補強躯体を形成して行きます。

タイルの撤去作業やアンカーの削穿作業は、室内にいると非常ベルが常時鳴り響いてる状態に近いため、休日を利用して作業しています。

音の出る作業も後僅か・・・

もう少しケガ無く健康に頑張りましょうね皆さん。

担当 有村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/369642/31897933

経過報告を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

アクセス解析

  • アクセス解析
    http://www.i2i.jp/