« Mクリニック移転改修工事 竣工 | メイン | 青島㏌宮崎 »

2018年5月18日 (金)

in 八代 その1。

熊本の講演ついでに伊東豊雄氏設計のけんちく巡りをしてきた一丁田です。

「八代市立博物館」

講演でお話された 伊東氏はじめての公共建築であって、周辺環境に配慮して建物の大部分を

人口丘で隠したというフレーズがどうしても気になり この目で確かめてみたかったのだ!

Dsc03473

たしかに、周辺環境になじむように道路からはワンクッションおいて佇む建築です。。。

エントランスを含め、メタリックな屋根がフワフワとしてます。。。

Dsc03468

ガラスを通して明かりがはいり、開放的なきもちのいい空間です。。

Dsc03462

カフェのかわいいチェア。。。

Dsc03465

手すり端部は 滑り止のためのふくらみ。。。

スリップ加工されたエンボス模様の大判タイル。。。

Dsc03471

緑豊かな城跡地周辺の中で、その大きなスケールを感じさせない 

軽やかでかっこいい建築でした。。。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/369642/34126860

in 八代 その1。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

アクセス解析

  • アクセス解析
    http://www.i2i.jp/