« 2018年1月 | メイン

2018年2月

2018年2月22日 (木)

知覧体育館耐震補強及び改修工事  耐震ブレス設置

Rimg10103

Rimg10100 南九州市知覧体育館正面玄関入口です。こちらは、体育館の東面になります。eye

Rimg6796 体育館内部北面 耐震ブレス設置 着工前 です。

Rimg3074

Rimg3072 体育館内部北面 耐震ブレス設置 完了。

Rimg6797 体育館内部南面 耐震ブレス設置 着工前です。

Rimg3075

Rimg3071 体育館内部南面 耐震ブレス設置 完了。

Rimg10037

Rimg10038

Rimg10039 耐震ブレス設置工完了。

今回の主な、鉄骨補強構造材は、角型鋼管 STKR400 ロー175×175×6、等辺山型鋼 SS400 L-100×100×10、アンカーボルト埋め込み ケミカルアンカー D16×12d 1柱×4本です。

体育館の桁行方向 アリーナ中央部 北面と南面 に1か所 耐震ブレスを設置しました。

ブレスとは、鉄筋やアングルなどの型鋼で作られた補強材。木造の筋かいと使用方法がにており、柱や梁などで四辺形に組まれた軸組に対角線状にブレスを入れることで、地震・風などの横からの力に対してブレスの引張力により建物が変形するのを防ぐ役割を持つ。主に鉄骨造などで用いられます。

地震がいつ起きるのか。?それがわかれば少しは対処できるのですが、残念ながら現代の科学ではいつ地震が起きるかを正確に予想することはできません。

「いつ発生するか」はわからないけれど、「いつか起きる」ことだけは確実ですので、いざ地震が起きた時に困らないように早め早めに準備をすすめておきましょう。 eye

Rimg10090 季節の花 梅の花が満開です。木の花がほとんど咲いていない冬に、「ついに梅が咲きだしたかhappy01」という、うれしさのインパクトは大きい。 by 霜出happy01

 

2018年2月21日 (水)

みずほ通り ボランティア。

本社ビル前のみずほ通り(市立病院から国道225号線まで)

の約2キロ間のごみ拾いを行いましたhappy01

Rimg3835

Rimg3836

何気なく毎日通っているみずほ通りですが

よく見ると、たばこの吸い殻やお菓子の袋など

ごみはたくさん。。

Rimg3838

毎日お世話になっているみずほ通りも

きれいになりましたshine

今年は建築部で2か月に1度ボランティアを

実施していく予定なので、全員でまちをきれいに

していけたらと思います!!

永野

2018年2月19日 (月)

ブランディング。

シンプルの代名詞ともいえる「apple」

改装中も シンプルでかっこいい!

ちょっと立ち寄った店内にて

工事中の間仕切りも ブランディングされてます。。。。あっぱれ!

Img_1937

by 一丁田

2018年2月17日 (土)

平川動物公園給水施設整備機械設備その他工事 第一水源地 捨てコンクリート

こんにちは、最近物欲が強い東です。

今回は捨てコンクリートの打設を行いました。

まずは、砕石を敷込み転圧していきます。

【送水ポンプ基礎】

Rimg6285

【取水ポンプピット】

Rimg6298

そして、コンクリートを打設していきます。

【送水ポンプ基礎】


Rimg6305

完了

Rimg6309

【取水ポンプピット】

Rimg6304

完了

Rimg6311

捨てコンクリートは建物の土台となる部分

きれいに仕上がってよかったですscissors

by ひがし

2018年2月16日 (金)

モクザイ。

木材活用が叫ばれる中

すごい計画がすすめれられているようですね。。。

70階建て なんと高さは 350m。。。。

東京丸の内に計画の木造高層ビル。。。その名も「W350」

2041年までには実現できるように構想中だとか。。。

Sumitomoringyo_20180209_001thumb660

未来は 鉄やガラスそして樹脂、合金の世界だとばかり思ってましたが、

まさかの 木材だったとは。。。。

みてみたいですね!

by 一丁田

2018年2月15日 (木)

平川動物公園給水施設整備機械設備その他工事 第一水源地 解体

こんにちは、東です

さて現場が着工し、いよいよ解体がスタートしました。

まずは、機械基礎です。

Rimg6207

解体

Rimg6251

完了ですgood

Rimg6279

次はポンプ小屋です

着工前

Rimg6228

解体

Rimg6264

Rimg6293

完了です

Rimg6295

解体には、ブレーカーという機械を使います

Rimg6268

強力な力でコンクリートを粉砕します!

ただかなり大きい音が出るので作業時間に制限があり

音の大きさ、作業をする地区にもよって変わってくるようです。

by ひがし

2018年2月14日 (水)

国立新美術館に行ってきました。

連休中に東京へ行ってきましたrun

予定に入れていた建物

全てを見ることはできませんでしたが

表参道や六本木などで

東京にある建物をたくさん見ることができましたconfident

特に行ってみて良かったと感じたのが、

黒川紀章さん設計の「国立新美術館」

20180211_180214_0113

20180211_180214_0111

20180211_180214_0102

お店やカフェ、レストランが併設されており、

たくさんの人で賑わっていました。

外観も内観も写真でたくさん見ていましたが

やっぱり実際に体感してみると全然違いました。

ずっと建物を見てからは「すごい!!」としか言えなかったですが

本当に素直にすごかった。。。

これもみたい!!あの建物もみたい!!

今回の旅行で行きたいところが一気に増えました。。

永野

2018年2月13日 (火)

桜ケ丘住宅26号棟個別改善本体工事 渡り廊下の基礎

こんにちは。酒匂です。

桜ケ丘の現場では、新しい渡り廊下の基礎が完成いたしました。

基礎の工事は、前回まで報告した鉄骨の柱脚部のアンカーボルトをセットしてから、

鉄筋の配筋→型枠の組立→生コンクリート打設→型枠の解体→埋戻し

といった工程で進んでいきました。

Rimg4603

とても複雑な配筋です。

現場レベルでは難しい仕様も、色々な工夫でうまく納まりました。

Rimg4868

型枠の組立て。

Rimg4867

コンクリートの中に埋まる鉄筋の位置にも細かい決まりごとがあります。

コンクリートの面から最初の鉄筋まで、

所定の寸法以上の空き(かぶり厚といいます)がなければいけません。

かぶり厚が確保できないと、設計どおりの強度が得られないため、

型枠が組み上がってからすべて確認します。

Rimg4907

生コンクリートの打設、ポンプ車を使い4時間ほどで打ち終えました。

Rimg5060

型枠を撤去した後です。ここの基礎はベースと台柱、地中梁で構成されます。

フックのついた鉄筋のある台柱の位置に、鉄骨の柱が建ちます。

Rimg5074

基礎の埋戻しの作業です。

埋戻しに関しても決まりごとがあって、

建築の現場では30センチごとに、

土を入れて転圧します。

一度でやってしまうと、土の密度が不十分となり、地盤沈下などを引き起こしてしまいます。

Rimg5079

目印となるテープを張って、確認しながら埋戻し転圧をおこないます。

Rimg5354

埋戻し完了!

いよいよ鉄骨の建方へと工程が進んでいきます。

Sakou

2018年2月11日 (日)

すこしだけ山あるき。

チェーン規制もなくなって

サクッとトレッキングするつもりででかけた。。。が。。。

霧島登山口はだいぶ冷え込んでました。。

Dsc02726_2

やや 雪がちらつくなかスタート!

Dsc02738

きれいに整備された大浪池登山道。。。。

標高をあげるにつれてだんだんと路面がやばい状態に。。

Dsc02729

分厚い氷! 

整備された道は石がきれいに敷き詰められているのですが、

それがアダとなって アイスバーン状態になってしまっている。。。。

しかも、今日はトレイルランニングのような軽装だし、ジョギング用のシューズ。。。

アイゼンも持ってきてるわけでなく、このまま上がると帰りは危険だな、

との判断で あっさり下山しました!

Dsc02749

帰りは 丸尾バス停前の温泉市場で休憩。。。。

Dsc02747

自然をあまくみてはいけませんね!

ちゃんとした装備で来るべきだったな。。。と後悔しながらも おいしくいただきました。。

by 一丁田

2018年2月 9日 (金)

OPENのお知らせ。

Img_1914

八幡公園前に本日OPENしました!

昨年末から携わってきたコンバージョン物件です!

完成の全貌はまた後日 ご報告しますね。。。

by 一丁田

おかげさまでランキング上位更新中!こちらをクリック↓

アクセス解析

  • アクセス解析
    レバレッジで巨額の損失